仮想通貨の時価総額とは?ランキングやリアルタイムの推移、チャートなど

株式と同様、仮想通貨にも時価総額という考え方はあるのでしょうか。

仮想通貨の時価総額とは

各種の仮想通貨は株と同様に、価格と発行枚数を掛け合わせることで時価総額を算出することができます。

各仮想通貨の時価総額はそのまま市場の大きさ、つまり仮想通貨市場全体内でのシェアを示しており、時価総額が大きい通貨はそのまま存在感の大きさと言えます。

仮想通貨の時価総額を調べる方法

最も簡単なのは株式等の投資商品を評価している機関であるモーニングスターのサイトを見ることです。時価総額順に上位100通貨の順位とデータを知ることができます。

このサイトに特徴的なことは、日本円での時価総額を調べられることと、各通貨の価格と前日、先週からの推移がまとめて見られることで、投資判断の参考にすることができます。

以下の表はモーニングスターの現時点(2018年7月7日0:50時点)でのランキングです。

モーニングスター:仮想通貨時価総額ランキング

上位10通貨は、ビットコイン(125,270)、イーサリアム(52,437)、リップル(20,442)、ビットコインキャッシュ(13,780)、EOS(8,412)、ライトコイン(5,259)、Stellar(4,258)、エイダコイン(4,115)、IOTA(3,209)、Tether(2,902)の順位となっています。※単位は億円

中でも1位のビットコインは圧倒的なシェアを誇りますが、2位のイーサリアムがそれに追随し、1位のビットコインの座を脅かすのではないかと予想されるほどに時価総額を増やしています。

各通貨の時価総額のチャート確認方法

上記のモーニングスターのサイトにて、各通貨をクリックすれば、チャートを含めた詳細を確認することができます。

各通貨の簡易的なチャートを一覧(1画面)で確認したいのであれば、ドル表記になりますがCoinMarketCapというサイトで確認することができます。こちらはなんと、1600種類以上の仮想通貨をまとめて見ることもできます(チャートを一覧表示できるのは100位まで)。

CoinMarketCap

リアルタイム性を重視する場合

モーニングスターやCoinMarketCapのサイトはページを開いた時点での価格や時価総額を表示していますが、画面にリアルタイムで価格や時価総額が変化する様子を見たい場合は、「みんなの仮想通貨」で調べるといいでしょう。

みんなの仮想通貨