仮想通貨とは何か、その仕組みや定義などをわかりやすく解説

仮想通貨は短期間で億万長者を多数生み出した一方、流出事件などで財産を失う人がいるなど、近年話題に事欠かなくなってきました。いまさらながら仮想通貨とはどういうものなのでしょうか。その特徴や仕組みなどを解説します。

仮想通貨とは

仮想通貨は法定通貨(円やドルなど)のように中央の発行主体が存在せずにインターネットを通じて不特定多数の間でやり取りできる媒体です。為替と同様、法定通貨と変動レートにて交換が可能です。この仮想通貨は2000以上の種類があると言われています。英語圏では仮想通貨よりも暗号通貨(Crypto Currency)と呼ばれるのが一般的です。

最も古くかつ有名なのはビットコインで、世界で初めてブロックチェーンによる、改ざん不可能な電子台帳を実用化した仮想通貨となります。ビットコイン以外のコインをAlternative Coin、短くしてアルトコインと呼ばれています。有名なアルトコインはリップル、イーサリアム、NEM、ライトコイン、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュなどがあります。

ブロックチェーンについて

ビットコインがブロックチェーンを実用化することで世に出たため、よく仮想通貨の特徴としてブロックチェーンがあげられますが、必ずしもブロックチェーンの技術を使っているとは限りません。例えば金融業界での活用が期待されているリップル(XRP)はブロックチェーンの仕組みではありません。逆に仮想通貨に限らず、ブロックチェーン技術を利用しているものもあります。そのため、仮想通貨イコールブロックチェーンの定義は正しくありません。

ブロックチェーンは分散型台帳の仕組みで不特定多数が情報を処理し、誰もがその取引履歴を確認できるオープンなシステムです。そのためデータの改ざんがほとんど不可能となっています。各取引は一つの単位として扱われ、ブロックチェーンにつないでいく仕組みとなっています。そして各取引はマイナーが行うマイニング(発掘)という作業によって行う計算が必要です。

仮想通貨がなぜ注目されているか

まず第一に中央の管理から自由な金融取引が可能になる技術だからです。法定通貨のように中央銀行が発行しコントロールしている通貨ではなく、誰からも管理されない通貨となります。

そのためマネーロンダリングや租税回避、ブラックマーケットでの利用などの可能性があり国のコントロール外に置かれることを恐れている国家が規制を進めようとしています。

利便性としては、通常の送金よりも低価格で早いスピードでのやり取りが可能となることや、イーサリアムのスマートコントラクトなどを利用した契約作業の簡略化などは幅広く活用が期待されています。

仮想通貨の現状

現在はまだ実用には程遠いという段階です。メガネスーパーやビックカメラなど一部店舗でビットコイン決済が可能になってきていますが、クレジットカードやデビットカード決済に比べた優位性というものが目立っていません。現在各取引所で売買されている仮想通貨はほとんど投機目的といっていいと思います。現在のように値動きが激しいままだと、現在の法定通貨の代わりに決済で利用するのは難しいでしょう。